大人の出会いが欲しい大人の出会いが欲しい

大人の出会いが欲しいならこのサイトで探しましょう!
TOP PAGETOP PAGE > >> 割り切った大人の出会いだったはずが今では…
割り切った大人の出会いだったはずが今では… 18歳未満の方は退出してください

割り切った大人の出会いだったはずが今では…


結婚して8年がたちますが、夫とはもうセックスどころかキスをすることもなくなり、正直退屈していました。私は35歳なのですが、まだまだ女として見られたいですし、女として機能していたいのです。

そこで目をつけたのが出会い系サイトでした。サイトで割り切った関係を築ける大人の出会いを探すことにしたのです。私を女としてあつかってくれ、女として喜ばせてくれればそれだけでよいとこの時は思っていました。

サイト内でも割り切った大人の出会いを希望していると書いていたためか、すぐに何人かの男性と知り合えました。そしてその中で気が合いそうな33歳の男性とトントン拍子で実際に会うことになったのです。
さすがにすぐに2人きりになることは怖かったので、最初は人が多いところでお茶をしました。そこでもまるで初めて会ったことが嘘のように話も弾みました。ずっと世間話をしていたのですが、そのトーンのままライトな感じで
「そろそろ2人でいちゃいちゃしたいな。」
と切り出され、相手が年下だったこともあってかそんな台詞がかわいく感じ、そのままホテルへ行くことに。

ホテルでも年上の私がリードすると思っていたのですが、着いたとたん形成は逆転しました。激しくキスされながら体を触られ、久しぶりだったためかいつも以上に濡れてしまいました。すると今度は
「こんなに濡らしてどうしたの?まだちょっと触っただけなのに。」
「ほら、どうしてほしいか言ってみなよ。言わないとやめるよ?」
と言葉でも攻められ焦らされ、ひとつにつながる前に何度もいかされてしまいました。
そして一つにつながる行為にいたっては意識がとぶくらい気持ちよく、年下の彼に翻弄されっぱなしでした。

ことがすんだ後に
「また会いたいな。会ってくれる?」
と言われ、彼は年下キャラに逆戻り。セックスの時の俺様な感じと、普段はかわいい感じというギャップにやられてしまい、もうこの時すでに好きになっていたのでしょう。

割り切った大人の出会いを求めていたのは私だったはずなのに、今ではもうそれだけでは物足りなくなってきています。いつか彼から心から愛されたいなんて思ってしまっているのです。


禁断の出会いのゲート【完全無料】


結果的に寝取ったことになってしまった話




ネットで、彼氏と別れたばかりで寂しいという子と仲良くなっていきました。
彼女は出会いを求めてはおらず、愚痴を聞いてほしかったり、相談にのってほしいという所が目的だったようですが、私はそんなことを気にせず、優しく接しながら口説いていきました。

私自身も経験がありますし、何度も見てきた光景ですが、辛い時や苦しい時に優しくされるとかなり心がぐらつきやすくなるもので、私はそこを狙っていたともいえます。

半年ぐらい経ってから、彼女の態度が軟化してきました。
信頼を勝ち取ったり、好意を寄せてくれるようになったなと思い、頃合いをみてリアルで会うことを約束しました。

リアルでは紳士に振るまいつつ距離を縮め、その日の内にホテルに行くだけとなったんですが、無理には誘いません。
帰ってもいいよということを匂わせながら一晩過ごすかどうかを聞いてみると、彼女は頷いてくれました。

ホテルでは、これまで隠していた男の部分を発揮していきます。
私の目的は基本的にセフレを作ることなので、自分の快楽を求めるのは二の次にして、彼女が入れて欲しいと言うまではとにかく優しく攻めます。
触るという行為だけでもすごく時間をかけますし、吸ったり舐めたりという時間も長時間に及びます。
有り難いことに今回の子は割と未開発だったものの、開発していくと凄く感じてくれるようになってくれて、こちらがそれほど追い込まなくても何度もイッてくれて、ぐったりした状態にまでなってくれました。

抱いてくださいという言質もとれたので、期待に応えて挿入していきました。
Hも急がず、時間をかけてゆっくり動かしたり、時には激しく動かしたり、お互いが密着することを心掛けてHをしていくと、彼女が手を絡めてきたり足を絡めてきたりと積極的になり、相思相愛の恋人のようなHになってくると、あとはラストスパートをかけて、体を離した時には彼女が動けなくなるぐらいになっているのを見て終了です。

と、ここまではセフレになるためのいつも通りの流れで、後はセフレとして付き合う確認をしようかなと思っていたんですが、ぐったりしている彼女から、実は彼氏がいることを告げられました。
なんとなく察していたんですが、私との話の中では隠していた彼氏と上手くいっていなかったこと、なによりHにかなりの不満があったことなどを言われた後、彼氏と別れてあなたともっとHをしたいですと言われた時は、心のなかでガッツポーズをとっていました。

フリーの子だと思って近づき、寝取る気はなかったのに結果的に寝取ったことになってしまった出会いでしたが、男女の付き合いでHは大事な部分なんだなと改めて思い知らされました。

29歳|会社員


淫らなお隣さん【完全無料】


ダイエット成功のご褒美にセフレを作ってしまいました



結婚してからというもの、家事や育児に追われて自分の時間を持つことを忘れていた私、気づけば生活感丸出しの小太りおばさんになっていました。今の生活に不満があるわけではないのですが、このまま女として終わってしまうのはどうなのだろう?という気持ちが芽生えてしまいました。

そこで真っ先に思いついたのがダイエットです。「健康で綺麗な奥さんのほうがいいでしょう?」と夫に頼み込んで、ジムやエステに通わせてもらい、半年で8kgの減量に成功しました。いつでも3日坊主で終わる私に「今回はよく頑張ったね」と笑顔で褒めてくれる夫、周囲からも「痩せたね」と言われるのはとても嬉しいです。

でも、ここだけの話ですが、私を何よりも自分を満足させてくれたのは、出会い系サイトで知り合ったセフレの存在です。セフレからオンナとして見てもらえる喜びは、夫や子供が「お母さん綺麗だね」と言ってくれるのとはレベルが違います。本当に頑張って痩せて良かったです。

今は特定のセフレが一人いますが、時々、他の男性とも関係を持ってみたくなり、気まぐれで新しい人と会ってみたりしています。

この前、会った男性は、大学生でした。30代後半の私みたいなおばさんで本当によいのかな?と不安もありましたが、本人が「年上が好き」というので、その言葉を信じて会ってみました。背が高くて筋肉質のガッチリした男の子で、笑顔が素敵な人でした。彼なら普通に彼女が出来そうなのに何故出会い系サイトを使っているのか?と尋ねると、「純粋にエッチだけを楽しむには、彼女よりもセフレを作るのが一番いい」とのことでした。なるほど、主婦の私が夫とセックスを思う存分に楽しめないという気持ちに近いものがあるなあと思いました。

こんな私達なので、エッチも「パートナーとは絶対に出来そうにないことをやろう」ということになりました。両脚をベッドに縛り付けられた時には恥ずかしさとドキドキが止まりませんでしたが、快楽の深い沼にどっぷりとのめりこんでしまいました。こういう経験はセフレでないと絶対に無理だと思います。

30代 専業主婦


エッチ目的の女の子【完全無料】



Copyright (C) 2014 大人の出会いが欲しい All Rights Reserved.